テーマ:映画

アメリカンスナイパーを見てきた。

巨匠クリントイーストウッド監督の新作を見てきた。 終了時にお泣きになっていた観客が居た模様! あたしは子供の頃からの巨匠のファンでテレビシリーズの ローハイド、その後のセルジオレオーネ作品のマカロニウエスタン、ダーテイハリーシリーズ、 その他作品やアカデミー賞の許されざる者やら殆んどを見て来たけど今回も 泣く観客が居る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年の初映画はスパイレジェンド

還暦アクション俳優が頑張っているので敬意を表して見てきた。 原題はNOVENBER MANと言うスパイ映画らしいが5代目ジェームス・ボンドのピアス・ブロスナンが 実現しそうもない新兵器を多用の荒唐無稽な007と異なるリアルな秘密諜報員を演じていた。 若いアクション映画俳優があまり出て来ない昨今だが結構楽しめた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FURYを見てきた。

ブラットピットの最高傑作と言う宣伝コピー、予告編に吊られて 今月はトラック運転のアルバイトで山歩きには 行けそうにないので非番なので見てきた。 第2次大戦の末期ドイツ国内に進出した アメリカ陸軍のシャーマンM4戦車兵5人の 物語である。ドイツの戦車タイガーが優秀なので その様な説明が最初に出てきて興味深く見た。 ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を背負ってを見てきた!

映像の大家である木村大作監督第2作目の映画を見てきた。 朝の一番早い9時20分からで客の入りは10人くらいであった。 一応は笹本稜平原作本は3月頃に読んでいたのと木村監督と原作者の間でストーリーの改変 及びクローズアップするシーンやらローカル設定等の了解を得た上での映画化と言う事なので 色々と作品自体を論じても仕方無いと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュリアーノ・ジェンマよ永遠なれ

オイラが高校生の頃はマカロニ・ウエスタンが全盛の時代であった。中学生の頃は美男子であるフランスの アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」を学校の授業をサボリ見に行き密告されて職員室で怒られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分なりのペンネ・コンフンギ

昔、オイラが若かった頃、イタリアリラがユーロに変わってすぐにシチリアに行った事があった。 英国航空でロンドンで乗り継ぎローマ空港に着き国内線カウンターでパレルモ空港行の チケットを買いその日のうちにシチリア に渡った。空港からイタリアの鉄道に乗りパレルモの駅に着いて日本で言えばビジネスホテルのような 駅から10分くらいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新座シネプレックスにポタリング映画鑑賞

天気予報は真夏日だと言う事で有れば低い山歩きは地獄の沙汰だから止めて前アメリカカリフォルニア州の知事であった俳優のアーノルド…シュワツエルネーガーが復帰した主演のラストスタンドをわざわざ北朝霞からチャリンコ飛ばして見て来た。 観客は中高年の親父が二人だけの借りきり状態でしたけどさ♪ 俺等こう言うアクション作品好きだからさ!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年新春に見た映画

私の暇潰しのひとつに映画がある。今年は画期的であった。 初めてミュージカルを見たのであった。 レミゼラブルを見たのである。台詞が歌であると言う事で違和感を感じつつも ラッセル・クローの臭い演技を見たし、泣けるのかと思ったけど台詞が歌なので 泣けないのであった。やはりミュージカルと言う分野は合わないのだと 思った次第である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

007~SKYFALL

はいはい、映画好きな私目は今日吹き替え版の{SKY FALL}を見てきた。 007のシリーズは殆ど劇場で見てるし以前レーザーデイスク全盛時は全て揃えて何回も見たものである。 一回しか出てないジョージ・レーゼンビー、女王陛下の007、ロジャー・ムーアのシリーズを除外しても 今回の作品は見応えがありストーリーも全シリーズの中で秀作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のぼうの城

原作本は読んだ事が無いが、東日本大震災で公開が1年遅れた「のぼうの城」を見てきた。 野村萬斎が良い、8年ぶりの主演と言う事での演技は中々の物であった。 テレビの相棒に出てる若手俳優もかなり頑張っていたし、 脇役も良い味を出してた。 豊臣秀吉が北条攻めをする際に関東の北条派の城攻めの逸話で実話を元にした小説がこんな時代 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーガレット-サッチャー見てきた

メリル-ストーリープの役なりきりがスゲエよ。 フォークランド紛争の時の決断力は男の政治家も真っ青になる鉄の女たる面目躍如!! 晩年は認知症で苦しんでたんだ! 長年連れ添った旦那様に先立たれて毎日幻影と会話しての回想 旦那の衣料がワードローブにイッパイあるけれど捨てる事が中々出来ない。 やっと棄てる 決意して一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦火の馬

泣かしてくれる作品ですけどね。 ミッション・インポシブル以来の久々の映画でありました。 最終版に来ると老若男女が鼻水啜る音が聞こえてましたね♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発見マカロニウエスタン!!

500円のDVDワゴンセールの中にマカロニウエスタンの全盛期に見逃した作品を見つけた!? さすらいの一匹狼というやつだ♪これウインチェスターライフルにゴルゴ13並みのスコープが付いた銃を愛用するガンマンの話。こうした物を見つけるのが昨今オイラの小さな幸せと言えるんだよ!? イタリア語のヒアリング勉強になるからイタリア語の映画ならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10ヶ月ぶりに映画見たな

トム・クルーズのミッション・インポッシブルまぁまぁ4作全て見たけれど 今回も楽しませてくれるよ。 サービス精神が旺盛な良い俳優だね。 今回はあらゆる場面でスマートホンが活用されてるんだよ。 コンタクトレンズがデジカメになっていて歩いてくる人間の顔を 本部のデータベースにアクセスして顔認識してしまうなんてのも 映画の中の仮の話では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「レスラー」には泣けた!

 映画館で見た訳ではないけど、スターチャンネルで録画しておいたミッキー・ローク主演の (2008年米仏)の作品には参りました。はっきり言って泣けました。 と言うのは私目は若い時からプロレス大好き人間でありまして結婚して子供が出来てからも 2人の男児を連れて東村山市民体育館やら大宮スケートセンターやらプロレス会場に足を運んで …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクスペンダブルズ

今年初の映画館通い!それだけ山歩きのほうに力を注いだと言う事だったのである。でアクションスターが総出のこの作品は所謂傭兵物やランボーの四部作を見た事あるなら見た方が良い。最初から最後まで飽きさせない! 私はカリフォルニア州知事がどこで出てくるかブルース・ウイルスがどんな役回りで出てくるかが楽しみで 見に行ったのである!? ミッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのどこかで見たような?

 ユナイテド・ステーツのウエスタン、いわゆるひとつののリトルタウンで車は キャデラックのカブリオレときた。女が独り待っている?どこかで見たような デージャーブに悩まされ 想いだせないワチキであった。いやぁ、これ凶悪犯デリンジャーのワンカット? ボニーとクライド?ワイルド・バンチ?ガルシアの首?Oh,no! 想いだせない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年を見たよ

 ローランド・エメリッフィ監督のデザスタームービー、結構見れましたよ。 実質2年後のノアの箱舟の話 これでもか、これでもかと見せる驚異のSFXの凄さ、監督のサービス精神の表れですな。 座席に座って感じる本当の地震のような震動、実際には音で震わせてるんでしょうが? とにかく迫力満点見て損なし。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワルキューレの騎行で暇潰し

 例によってOTTAVA con brioの斉藤さんにワーグナーのワルキューレの騎行のリクエストを したのであった。 この曲は今年の4月頃にシネコンで見たトム・クルーズ主演の第2次大戦下での実話である ドイツ陸軍のシュタインベルグ大佐をキイーパーソンとするヒットラー暗殺計画の実行と挫折のストーリー それに使用されてたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜想曲 第20番 嬰ハ短調(遺作)で暇潰し

 少し前まで眠れない夜にはNHKのラジオ深夜便であった。 それが変わったのは午前3時にTBSラジオでOTTAVA con brioと言う番組があり それが中波にしては珍しくクラシック専門番組であったからだ。これを聴き始めてから 心が落ち着くようになった気がするのである。寝床で聴いていて心地良いのである。 で2回目のリクエ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ノウイングで暇潰し

 結構イタリア系俳優のニコラス・ケイジの映画は自分なりに見ているほうだと思う。 いわゆる昔風に言えばパニック映画、今風に言えばデザースタームービーと言うらしい。 で今回は50年前に小学校でタイムカプセルに入れた児童の作品の中に数列を書いた 紙があり、それが日付、緯度と経度を現していて50年の間に全てそれが予言通りに なって事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホフマンの舟歌で暇潰し

 OTTAVA con brioに2回目のリクエストを出したのであった。 本当に人生枯れてきたのですね。 クラシックを聴いてる方が心地良いのであります。 今回はイタリア映画の「ライフ・イズ・ビュウテイフル」の劇中で使われていた 「ホフマンの舟歌」でした。 良いのよね、聴いてると疲れが取れるんですよ。 癒しなんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剣岳「点の記」を見て暇潰し

 あまり邦画は見ないほうだが低山歩きをして5年になるのでお山で遊ぶ人達に評判が良いので 近所にあるシネコンに出かけ鑑賞してきた。 スクリーンミュージックはバロック音楽のオンパレードでG線上のアリアやヴィバルデイの四季など 壮大な景観と相俟って心地良い。 カメラマン出の監督だからカメラアングルに拘りが感じられるし 実写の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カバレリア・ルスティカーナ間奏曲で暇潰し

 OTTAVA con brioに初めてリクエストしてしまった。 やっぱりこの曲がすきなんだなぁ!ゴッドファーザーパート3で使われてたからね。 人生枯れてきてハードロック・ジャズ・シャンソン・カンツオーネ色々聴いたけどね、 まさかクラシックをリクエストして聴くとは思わなかったのであります。 聴いていて何かパレルモのオペラ劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最近のお気入りは OTTAVA CON BRIO」について

「最近のお気入りは OTTAVA CON BRIO」について CON BRIOの発音が極めてイタリア語っぽくなって きた、なんとオイラの大好きなマスカニーニの カバレリアルスティカーナの間奏曲が月曜日に かかり何回もネットラジオで聴いて浸ってしまった。 これ映画ゴッドファーザーパート3でスクリーン ミュージックに劇的な使われ方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CINEPLEXポイントが溜まり消されたヘッドラインを見た

これも最後のドンデン返しが効いてる映画ですぅ!テロとの戦争で 戦争の民営化で大儲けしている傭兵会社とそれを告発する委員会の議員を巡る スキャンダルとそれを助けようとする新聞記者の男同士の友情、傭兵会社が送り込んだ スパイ女性との不倫、罠に落ちたのは議員だと思ったが・・・・・? まぁポイントで見た映画だから良しとする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使と悪魔を見てきたよ

結論から言ってダヴィンチコードよりも面白かったよ。 ダヴィンチコードの続編と言うような宣伝だけど原作はこちらが先らしいね。 とにかくラストのドンデン返しと宗教と科学の対決、天動説の教会、地動説の科学者 焚書坑儒など昔学校で習ったのを想いだしながら見てしまった。 舞台がイタリアのローマだからローマ見物気分にもなれてイタリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラン・トリノ

 クリントイーストウッドの最新作を見てきた。 これが彼の映画俳優としては最終作品で映画監督に専念するとの 事である。 思えば彼の出てる作品は小学生当時はテレビのローハイド、 高校生の頃に荒野の用心棒、社会人になってから 夕陽のガンマンシリーズ、その後のダーティハリー5部作と その他の殆どの作品を映画館で見てきた。 最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワルキューレを見てきたよ

トム・クルーズの最新作を見てきた。第2次大戦下の実話だけに言語もドイツ語であればよりリアルに なったのではと思った次第。ヒットラーのそっくりさん、ヒムラーのそっくりさん中々嵌ってました。 オペレーション・ワルキューレパンドユーザレビュー:戦闘シーンは前半のみ ...やはり、コッホ主演の ...ドイツ的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェ 39歳別れの手紙

ゲバラ伝記2部作のパート2を見てきた。 ボリビアのジャングルで地元の共産党が平和革命路線に傾倒してるため 支援も受けられずに最後は食糧も無く、当てにしていた農民達に通報されて 包囲攻撃されて最後は射殺される。 革命の輸出は失敗に終わったのであった。 外人嫌いのボリビア庶民の気持ちも考慮しない革命の輸出であった。 彼は南米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more