人生死ぬまでの暇潰し

アクセスカウンタ

zoom RSS 1971年の頃に貴方は何していましたか?PART2

<<   作成日時 : 2017/06/15 20:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の「1971年の頃に貴方は何していましたか?」
では自分の状況も想い出して書いてみたが

今回は楡周平氏の小説を紹介したい。

タイトルは「東京アンダーグラウンド」上下巻で分厚い文庫本を駅前のボッタクリオフで見つけて
読み終わったので「1971年の頃に貴方は何していましたか2」としてUPしてみた。

主人公は某有名私大在学中の女性闘士、東大全共闘が立て籠もる建物に今にも警視庁の
機動隊が突入すると言う瞬間の出来事が発端となる。機動隊の催涙ガス弾が投擲され放水
されているる中で看護婦代わりの女子大生も食事などの準備やら怪我人の応急処置やらで
忙しく立ち回り抵抗していたのであったが結局は多勢に無勢で全共闘の学生達の多くは逮捕
されて連行されていったのであった。このストーリーの主人公も女性で逮捕されてしまうが
黙秘を通したので留置期間を過ぎて釈放されたのであった。会館の中で東大の学生と
肉体関係を結ぶが女子大生は静岡県のある都市にある病院長の娘であった。父親が院長の
病院は経営状態が悪いため大手の病院の経営者の息子の元に嫁ぐ事になり1人の男子の
母親となるが。

経営の才能があるのか彼女が貢献して全国的なチェーン病院となった束の間
夫が亡くなり東大全共闘の闘士であった医学部出身の医師で逮捕歴があるため
東北地方の寒村の村営診療所に住み込み医療活動をしている男が昔の全共闘仲間で
ある事を知り会いに行き再婚して2番目の男子を出産するが、長男と10歳以上も離れて
長男は国家公務員上級試験に合格して大蔵官僚となっていた。

大蔵官僚に成り立てで米国に留学して帰国後
長男も出世志向が強く、いずれは政界に打って出ると言い、主人公の母親も
息子を権力の頂点に就かせるべく策動するのであった。

政権政党で党3役の政調会長に就く男も実は元全共闘で東大の落ち武者であったが
今では政権政党の実力者であり飛ぶ鳥を落とす勢いであったが資金調達のバックボーン
である建設業界の企業が公共事業の削減等で不振に陥り新しい資金源を探していた。
そしてその資金源として女性主人公が経営する大手病院チェーンに目を付けて自分の
長女と女性主人公の長男の見合いをさせるのであった。

見合いをした2人はその後順調に付き合い、肉体関係にまで進んでいくが
長男にはアメリカ留学時から付き合いのある九州出身の女性が居り
彼女は多国籍企業の大手投資銀行のやり手ディーラーであった。

画像


息子の三角関係精算と政権政党大物が昔の全共闘仲間で互いの息子と娘の結婚にまで
行きつくと近親相姦になるのでは?
と言う疑問に主人公の女性経営者は悩み色々と策動するが。

読み応えがあり税込で2巻216円であれば最高で〜〜〜〜すぅ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
1971年の頃に貴方は何していましたか?PART2 人生死ぬまでの暇潰し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる